打抜きパターンのWEBカタログはこちら
自社で加工すると・・・

パンチングメタルの加工をすると反る等の不具合が出るとお困りではないですか?

パンチングメタルの加工において平坦度を保つことは非常に重要なことだと思います。が、「自社で打抜き加工をしたところ反ってしまい使い物にならなくなった」等のお困りの声が非常に多く寄せられています。
当社では、豊富な知識、経験から圧倒的な平坦度を実現しています。また、大型の矯正機などの設備も取りそろえていますので他社でできない加工を行うことが可能です。

今までにこんな不具合の相談を受けました

不具合事例1

不具合事例1
  • 相談内容 自社で加工した製品が反ってしまった
  • 当社で行った加工 レベラー加工

パンチングメタルの加工は不具合が出てきやすく、社内で矯正ができない会社様からのご依頼を頂くことが多々あります。
お困りの際は、まずご相談いただければと思います。

不具合事例2

不具合事例2
  • 相談内容 自社で加工すると歪みがでてしまう
  • 当社で行った加工 製品自体を当社にて加工

これも反りと同じく矯正機により平坦にしていきます。

不具合事例3

不具合事例3
  • 相談内容 自社で加工するとバリが出てしまう
  • 当社で行った加工 製品自体を当社にて加工

このような症状の場合、金型のセットの仕方に問題があるケースが多く、バリが出ないよう微調整をしながらセットすることで当社では問題の発生を抑えています。

ページのトップへ戻る

パンチングメタル、打抜きのことなら三和打抜工業にお任せ下さい。

パンチングメタル、打抜きのことなら三和打抜工業にお任せ下さい。

TEL:03-3790-1921

FAX:03-3790-1925

受付時間 : 8:15〜17:00 (土・日・祝休業)
お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝え下さい。

パンチングメタル・打抜き加工のお問い合わせはこちら